週報「萌」2017年度 第33号    

年間第32主日   2017年 11月12日 第2日曜日

キリストに結ばれて死んだ人たちが、まず最初に復活し

今週の掃除当番 第1ブロック 11月18日(土)10時~ 【御船・御門地区】

【今後の行事など】

☆11月18日(土) アンナ会14:00~ 死者の月なので追悼ミサを行います。追悼希望の方は申込みください。

☆11月18日(土) 第4回二十六聖人の道

巡礼ルート:神辺~尾道  JR神辺駅:9:00出発(雨天順延)

☆11月19日(日) 第4回地区長会議 9時ミサ後  【多目的室】 26日から19日に変更となりました

☆11月25日(土)14:30~ 教会学校(子ども、保護者、リーダー)のゆるしの秘跡とミサ 16時頃おやつ休憩ののち 17:00~20:00メモリアルパークで無料スケート(ただし、スケート靴借用は500円必要)おやつの準備ほかのために必要ですから参加希望者はアルナルド神父へ連絡願います。

☆11月26日(日) 福山教会・聖書週間講話  9時ミサ後 講師:フレデリック神父 テーマ「希望をもたらす預言者」  1時間ぐらいの講話と質疑応答

☆12月2日(土)3(日) 待降節黙想会 テーマ「キリストの誕生と私たちの信仰について」講師:山口道晴神父

☆12月10日(日) 9時ミサ中 共同回心式 ゆるしの秘跡は当日に限らずいつでも受けられます。

12月9日(土)夕~ 10日(日)昼  サンパウロ宣教センター出張販売  予約受付けます(事務)

一粒会からの報告

先日、一粒会総会に出席してきましたので、皆様にご報告させて頂きます。現在広島教区には、助祭、神学生、来春神学院入学決定者と合わせて7名の方が司祭を目指しておられます。二十数年の闇の時代を突き破り、明るい希望溢れる広島教区の未来が見えてくるようです。前田大司教様のお言葉通り、もしかすると10名の司祭叙階のお恵みを頂くことが出来るかもしれません。これもひとえに皆様のお祈りとご支援の賜物と感謝申し上げます。ただ、このまま行くとあと5年で一粒会の金銭的蓄えが0になるという厳しい現実が待っています。司祭を目指して日々頑張っておられる若い神学生を、教区全体で支えていく必要があると考えます。どうぞこれからも一粒会献金を宜しくお願いします。また、例えば神様の身元に召される際には、教会への香典返しとして、一粒会への寄付をご考慮して頂ければ幸いです。 また、新しい一粒会の会員証が出来ましたので、皆様のファイルに入れておきます。引き続きお祈りも宜しくお願い致します。(一粒会担当 星)

☆堅信勉強会が始まっています

各人の都合で予定通り受講できない場合もあると思います。 打ち合わせの上、日程など決められますので相談ください。「聖霊来てください。あなたの愛する花嫁、聖マリアの汚れなきみ心の力強い執り成しによって来てください。」 と教会全体で受堅予定者のためにバックアップしましょう  (アルナルド神父)

2017聖書週間(11月19日~26日) テーマ:「創造主への賛美」

愛する天の父よ み名をほめ歌うとき 賛美の流れの中に み国は立てられる

週報「萌」2017年度 第32号

年間第31主日 2017年 11月5日  第1日曜日

彼らは言うだけで、実行しない

今週の掃除当番 第8ブロック 11月11日(土)10時~ 【神辺地区】【新市地区】【府中地区】【修道院】

【本日の行事など】

☆ 備後協働体研修会 9時ミサ~ 講師:川村信三神父(イエズス会)

☆ 教会七五三の祝い 9時ミサ中

☆ 日曜学校 9時ミサ後

☆ 堅信勉強会が始まっています 各人の都合で予定通り受講できない場合もあると思います。 打ち合わせの上、日程など決められますので相談ください。「聖霊来てください。あなたの愛する花嫁、聖マリアの汚れなきみ心の力強い執り成しによって来てください。」 と教会全体で受堅予定者のためにバックアップしましょう  (アルナルド神父)

【今後の行事など】

☆11月11日(土)定例委員会 18:00ミサ後【多目的室】

☆11月18日(土)アンナ会14:00~ 死者の月なので追悼ミサを行います。追悼希望の方は申込みください。世界平和記念聖堂耐震工事献金にご協力ありがとうございました。アームバンド85ケ売上げ金42,500円にアンナ会ミサ献金をあわせて150,000円を教区本部に送りました。神に感謝

☆11月19日(日)第4回地区長会 9時ミサ後【多目的室】  26日から19日に変更となりました

一粒会からの報告

先日、一粒会総会に出席してきましたので、皆様にご報告させて頂きます。

現在広島教区には、助祭、神学生、来春神学院入学決定者と合わせて7名の方が司祭を目指しておられます。二十数年の闇の時代を突き破り、明るい希望溢れる広島教区の未来が見えてくるようです。前田大司教様のお言葉通り、もしかすると10名の司祭叙階のお恵みを頂くことが出来るかもしれません。これもひとえに皆様のお祈りとご支援の賜物と感謝申し上げます。ただ、このまま行くとあと5年で一粒会の金銭的蓄えが0になるという厳しい現実が待っています。司祭を目指して日々頑張っておられる若い神学生を、教区全体で支えていく必要があると考えます。どうぞこれからも一粒会献金を宜しくお願いします。また、例えば神様の身元に召される際には、教会への香典返しとして、一粒会への寄付をご考慮して頂ければ幸いです。 また、新しい一粒会の会員証が出来ましたので、皆様のファイルに入れておきます。引き続きお祈りも宜しくお願い致します。(一粒会担当 星)

☆11月25日(土)14:30~教会学校(子ども、保護者、リーダー)のゆるしの秘跡とミサ 16時頃おやつ休憩ののち 17:00~20:00メモリアルパークで無料スケート(ただし、スケート靴借用は500円必要)おやつの準備ほかのために必要ですから参加希望者はアルナルド神父へ連絡願います。

☆11月26日(日)福山教会・聖書週間講話  9時ミサ後 講師:フレデリック神父

テーマ「希望をもたらす預言者」1時間ぐらいの講話と質疑応答

2017聖書週間(11月19日~26日) テーマ:「創造主への賛美」

賛美は川のように 豊かに流れて 荒れ野をうるおし すべては生きる聖霊が心に満ち溢れるとき わたしは歌うダビデのように わたしは踊るダビデのように

週報「萌」2017年度 第31号

年間第30主日    2017年 10月29日   第5日曜日

あなたの神である主を愛しなさい。隣人を自分のように愛しなさい

今週の掃除当番  第7ブロック 11月4日(土) 10時~ 【御幸地区】【本庄・吉津地区】

【本日の行事など】

☆ 教会墓地ミサ 7:00~

☆ 教会大掃除  9時ミサ後 22日にできなかった聖堂ワックス掛けほか残りの個所を実施します 沢山の人手が必要です。 ご協力お願いします。

☆ 堅信勉強会はじまります

本日9時ミサ後から小・中学生のために始めたいと思います。来年10月司教公式訪問と合わせて堅信式を予定しています。対象者は来年度小学5年生以上の未受堅者。 申込書に記入の上提出お願いします。各人の都合で予定通り受講できない場合もあると思います。 打ち合わせの上、日程など決められますので相談ください。 (アルナルド神父)

ハロウィンとは何ですか

私はハロウィンという言葉を30歳になって初めて聞いたのです。その年、司祭叙階を受けてから日本に来るように言われて、まず英語をよりよく話せるようになるために、8か月くらいイギリスに行きました。その時初めてハロウィンについて聞きました。友達に助けられてどういうことか調べてみました。カトリック教会では11月1日諸聖人の祭日で、10月31日の夕方からその祝いが始まります(同じように、クリスマスは12月25日で12月24日はクリスマスイブです)。したがって、Halloweenの語源 Hallow(神聖な)+een=evening)諸聖人の前夜祭という意味です。ところで、英語での主の祈りの中で、「Hallowed be thy name」 は 「み名が聖とされますように」という意味です。なぜ、諸聖人の前夜祭は現代のハロウィンになったのでしょうか。500年前、ルターとカルヴィンによって宗教改革が起こって、煉獄の存在を否定しているプロテスタントにとって、死者のために祈ることはいけないことだったのです。私が数年前に読んだ本の中に、このエピソードが書かれていました。ジュネーブで、息子を亡くした母親がその墓の前で祈っているのを見つけられたので鞭でうたれた。イギリスでは、カルヴィンの影響で聖人を祝うことも死者のために祈ることも教会で禁じられていた。しかし、人は世界中どこでも亡くなった人々のために祈る気持ちがあるので、教会でできなくなった死者の記念をするため家で食卓を囲んだプライベートな集いをするようになりました。世紀の流れとともに教会の公の導きを失ったこの集いは、だんだん変わってきて今の死をからかうパーティーに変わったのです。でも、死をからかう態度は理性にかなっていることではありません。ポーランドのアンドレイ・ジェンガ首都大司教は信徒たちにあてたメッセージの中でハロウィンについて「子どもたちに悪魔や闇を『楽しみ』として誤った方向に導くもの」などと厳しく批判。ポーランドのカトリック教会はこれに賛意を示し、ハロウィンについて「オカルト」であるとしました。 (アルナルド神父)

☆11月3日(金・祝) 第7回 万葉杯ソフトボール大会 選手として参加される方及び手伝って下さる方は募集申込書へ記入願います。

☆11月4日(土)・5日(日) 備後協働体研修会 (備後3教会合同研修会)福山教会にて

テーマ:福者となった戦国武将高山右近の生きた道 講師:川村信三神父(イエズス会)

詳細は掲示版をご覧になり、懇親会(4日)・昼食会(5日)参加希望者は申込みください。

☆11月4(土)5日(日) 教会七五三の祝い この2日間のすべての主日ミサ中で行えます。

祝福希望者は申込書に記入願 います。 当日申込みでも受けられますのでおいでください。

☆11月18日(土)アンナ会14:00~ 死者の月なので追悼ミサを行います。追悼希望の方は申込みください。

世界平和記念聖堂耐震工事献金にご協力ありがとうございました。アームバンド85ケ売上げ金

42,500円にアンナ会ミサ献金をあわせて150,000円を送ります。神に感謝

☆11月26日(日) 福山教会・聖書週間講話  9時ミサ後  講師:フレデリック神父

2017聖書週間(11月19日~26日) テーマ:「創造主への賛美」

週報「萌」2017年度 第30号

年間第29主日 2017年 10月22日 第4日曜日

皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい

今週の掃除当番 第6ブロック10月28(土)10時~ 【山手地区】【沼隈・松永地区】

【本日の行事など】

☆教会大掃除 9時ミサ後 沢山の人手が必要です。ご協力お願いします。

本日のミサ献金は「世界宣教の日」の献金に充てられます。世界には、まだキリストを知らない人がたくさんいます。日本でもわたしたちは、キリストを知らない人たちに囲まれて生きています。キリストを伝えることである宣教は、神の子ども、キリストの弟子となった私たち皆に与えられている使命です。

【今後の行事など】

☆ 10月23日(月)聖体授与の臨時の奉仕者の集まり 18:00~ (多目的室)

☆ 10月28日(土)高校生・青年の集い 18:00ミサ~

☆10月29日(日)教会墓地ミサ 7:00~ 雨天時には教会でのミサにあずかってください。墓地に行けない人のために教会でも7時ミサをおこないます。

☆10月29日(日)司祭ローテーション 9時ミサ 西江神父司式

☆10月29日(日)堅信勉強会はじまります

9時ミサ後から小・中学生のために始めたいと思います。来年10月司教公式訪問と合わせて堅信式を予定しています。対象者は来年度小学5年生以上の未受堅者。申込書に記入の上提出お願いします。各人の都合で予定通り受講できない場合もあると思います。打ち合わせの上、日程など決められますので相談ください。 (アルナルド神父)

☆11月3日(金・祝)第7回 万葉杯ソフトボール大会

選手として参加される方及び手伝って下さる方は募集申込書へ記入願います。

☆11月4日(土)・5日(日)備後協働体研修会(備後3教会合同研修会)福山教会にて

テーマ:福者となった戦国武将高山右近の生きた道 講師:川村信三神父(イエズス会)詳細は掲示版をご覧になり、懇親会(4日)・昼食会(5日)参加希望者は申込みください。

☆11月4(土)5日(日)教会七五三の祝い この2日間のすべての主日ミサ中で行えます。祝福希望者は申込書に記入願 います。 当日申込みでも受けられますのでおいでください。

☆11月18日(土)アンナ会14:00~ 死者の月なので追悼ミサを行います。追悼希望の方は申込みください。

主日18時のミサについて

10月8日18時ミサが出来なかったことお詫びします

第1、第4主日は スペイン・ポルトガル語、

第2、第3、第5主日は 日本語 でおこないます

言葉の違いによってミサの価値が変わるものではありませんので 他の時間帯では来られないときは是非来られるようにおすすめします。(アルナルド神父)

10月25日(水)ファティマの聖母の取り次ぎを願いながら平和のために祈るミサ 18:00~ (幟町教会)今年はポルトガルのファティマで聖母マリアが三人の牧童に出現されて100周年を迎えています。ファティマに安置されている聖母像の複製(木製)が、日本各教区を巡回しており広島にも来ます。教区報に詳細記事が載っていますのでお読みください。このミサへの参加希望者はアルナルド神父へ連絡願います(車で行きます)

☆メキシコ地震被災者救援募金額:16,770円をカリタスジャパンに送金しました。ありがとうございました。

ハロウィンとは何ですか

私はハロウィンという言葉を30歳になって初めて聞いたのです。その年、司祭叙階を受けてから日本に来るように言われて、まず英語をよりよく話せるようになるために、8か月くらいイギリスに行きました。その時初めてハロウィンについて聞きました。友達に助けられてどういうことか調べてみました。カトリック教会では11月1日諸聖人の祭日で、10月31日の夕方からその祝いが始まります(同じように、クリスマスは12月25日で12月24日はクリスマスイブです)。したがって、Halloweenの語源 Hallow(神聖な)+een=evening)諸聖人の前夜祭という意味です。ところで、

英語での主の祈りの中で、「Hallowed be thy name」 は 「み名が聖とされますように」という意味です。なぜ、諸聖人の前夜祭は現代のハロウィンになったのでしょうか。500年前、ルターとカルヴィンによって宗教改革が起こって、煉獄の存在を否定しているプロテスタントにとって、死者のために祈ることはいけないことだったのです。私が数年前に読んだ本の中に、このエピソードが書かれていました。ジュネーブで、息子を亡くした母親がその墓の前で祈っているのを見つけられたので鞭でうたれた。イギリスでは、カルヴィンの影響で聖人を祝うことも死者のために祈ることも教会で禁じられていた。しかし、人は世界中どこでも亡くなった人々のために祈る気持ちがあるので、教会でできなくなった死者の記念をするため家で食卓を囲んだプライベートな集いをするようになりました。世紀の流れとともに教会の公の導きを失ったこの集いは、だんだん変わってきて今の死をからかうパーティーに変わったのです。でも、死をからかう態度は理性にかなっていることではありません。ポーランドのアンドレイ・ジェンガ首都大司教は信徒たちにあてたメッセージの中でハロウィンについて「子どもたちに悪魔や闇を『楽しみ』として誤った方向に導くもの」などと厳しく批判。ポーランドのカトリック教会はこれに賛意を示し、ハロウィンについて「オカルト」であるとしました。 (アルナルド神父)

信頼と賛美

① 信頼と賛美を通して、私たちの問題は神の問題となる。

② 信頼と賛美を通して、神は問題に入り、その問題の中にある悪に打ち勝ち、それを善に変えてくださる。

③ いやなことのために神に感謝し賛美することは、私たちの生活のための神の計画の部分として それが起こっていることを受け入れ、賛成するという意味です。アメリカで起こった実話ある牧師の娘が車の事故にあい、7年間植物人間でした。牧師は神に娘を治してくださいとずっと訴えました。その時、神は「私を賛美しなさい」「何のためですか」「あなたの娘が今のような状態であることについて、私をほめたたえなさい」 と言われ、「なぜそうしなければいけないのでしょうか」 その牧師は聖書のみ言葉を知っていてもできなかった。ある日、病院に向かう牧師は「はい。神様、娘がこんな状態にあるのをあなたに感謝します。あなたは、私よりももっと、娘を愛しているのですからね」。その日病院に行くと、病室から「お父さん、どこ。お父さん、どこ」 と娘の叫ぶ声が聞こえた。娘は意識が戻って父親を抱きました。旧約聖書(歴代誌下20・1~30)から「この戦いは、あなた方の戦いではなく神の戦いである。私があなたたちのためにすることを見ていなさい」私たちが神を賛美するとき、私たちの問題は神様の問題となります。もし、私たちの問題を心配したり、不平 に思ったりするとき、それはちょうど、私たちの腕の中にそれを抱え込んでいるようなものです。神様は助けることができません。けれども、私たちが神様を賛美し始めるとき、私たちは腕を広げます。賛美によって神様はその問題に入ることができます。そして第二に、賛美を通して、神はその問題の中の悪に打ち勝ち、それを善に変えてくださいます。ただ神を賛美し、問題をお任せして、何もしないことが神様の思し召しだと悟るでしょう。(フランシス・マッケイ神父講話より

週報「萌」2017年度 第29号

年間第28主日 2017年10月15日 第3日曜日

あなたは、…… わたしのために会食を整え

今週の掃除当番 第5ブロック 10月21(土)10時~ 【引野・伊勢丘地区】【大門地区】【手城地区】

【本日の行事など】

☆ 日曜学校 9:00ミサ後【聖堂・多目的室・和室大】

【今後の行事など】

☆10月21日(土)アンナ会10:00~祈りと作業、14:00に主日ミサを行います。なお、11月18日(土)14時には死者の月なので追悼ミサを行います。 追悼希望の方は申込みください。

☆10月22日(日)教会大掃除9時ミサ後 沢山の人手が必要です。ご協力お願いします。

☆ 10月23日(月)聖体授与の臨時の奉仕者の集まり 18:00~ (多目的室)

☆ 10月28日(土)高校生・青年の集い 18:00ミサ~

☆10月29日(日)教会墓地ミサ7:00~雨天時には教会でのミサにあずかってください。墓地に行けない人のために教会でも7時ミサをおこないます。

☆10月29日(日) 司祭ローテーション 9時ミサ 西江神父司式

☆10月29日(日) 堅信勉強会はじまります

9時ミサ後から小・中学生のために始めたいと思います。来年10月司教公式訪問と合わせて堅信式を予定しています。対象者は来年度小学5年生以上の未受堅者。申込書に記入の上提出お願いします。各人の都合で予定通り受講できない場合もあると思います。打ち合わせの上、日程など決められますので相談ください.聖書にある通り弟子たちに聖霊が降り不思議なことが起こりました。堅信式は知識を詰め込んで式にあずかったら終わるという単なる儀式ではありません。聖霊の賜物をいただき聖霊に満たされて生きていくことが実感できるようになること、キリストの証人になることが大切です。式はその第一歩なのです。日々、聖霊来てくださいと祈りながら準備しましょう。(アルナルド神父)

主日18時のミサについて

10月8日18時ミサが出来なかったことお詫びします 当日は3人の方がミサにあずかるために来られたのに、ミサが無かったのは司祭同士の連絡が不十分だったことで申し訳なく思っています。今後は毎週ミサを行うようにします。第1、第4主日はスペイン・ポルトガル語、 第2、第3、第5主日は日本語でおこないますが、言葉の違いによってミサの価値が変わるものではありませんので 他の時間帯では来られないときはぜひ来られるようにおすすめします。10月8日18時ミサを当てにして来られた方のうちの一人から私に電話がありこの問題がわかりました。この時来られていたあと2人の方、連絡くださるようお願いします。(アルナルド神父)

10月20日(金)広島司教区召命合同祈りの集い(宇部教会)参加希望者は申込書に記入願います

10月25日(水)ファティマの聖母の取り次ぎを願いながら平和のために祈るミサ 18:00~ (幟町教会)今年はポルトガルのファティマで聖母マリアが三人の牧童に出現されて100周年を迎えています。駐日バチカン大使チェノットゥ大司教は、ファティマに安置されている聖母像の複製(木製)の作成を依頼し、今年の5月13日(ファティマの聖母の記念日)から始めて、現在日本の各教区にそれが巡回されています。 広島教区への巡回は、10月25日(水)18:00~世界平和記念聖堂でチェノットゥ

大司教と共に、このマリア像を迎えるミサで始まります。その後、各地区にもこのマリア像が巡回する予定です。  (広島司教区本部事務局)

このミサへの参加希望者はアルナルド神父へ連絡願います(車で行きます)

☆11月3日(金・祝) 第7回 万葉杯ソフトボール大会

選手として参加される方及び手伝って下さる方は募集申込書へ記入願います。

☆11月4日(土)・5日(日) 備後協働体研修会 (備後3教会合同研修会)福山教会にて

テーマ:福者となった戦国武将高山右近の生きた道

講師:川村信三神父(イエズス会)詳細は掲示版をご覧になり、懇親会(4日)・昼食(5日)希望者は申し込みください。

☆11月4(土)5日(日)教会七五三の祝い この2日間のすべての主日ミサ中で行えます。祝福希望者は申込書に記入願 います.当日申込みでも受けられますのでおいでください。

10月22日(日) 『世界宣教の日』・献金のお知らせ

世界には、まだキリストを知らない人がたくさんいます。日本でもわたしたちは、キリストを知らない人たちに囲まれて生きています。キリストを伝えることである宣教は、神の子ども、キリストの弟子となった私たち皆に与えられている使命です。『世界宣教の日』は、すべての人に宣教の心を呼び起こさせること、世界の福音化のために、霊的物質的援助をはじめ宣教者たちの交流を各国の教会間で推進することを目的としています。この日の献金は、各国からローマ教皇庁に集められ、世界中の宣教地に援助金として送られます。 日本の教会は、いまだに海外から多くの援助を受けていますが、経済的に恵まれない国々の宣教活動をさらに支援できるように成長していきたいものです。(広島司教区本部事務局)

聖園幼稚園映画のご案内  “行事  10月28日(土)バザー 10:00~13:00 ぜひおいでください

夜明けの祈り”1945年、ポーランドの女子修道院で起こった衝撃の事件を映画化 福山駅前シネマモード 10月20日(金)まで  ①12:00~  ②16:25~

10月はロザリオの月 (10月7日はロザリオの聖母の祝日)

カトリック教会の伝統では10月はロザリオの月と言われています。 お祈りしましょう

週報「萌」2017年度 第28号

年間第27主日 2017年10月8日 第2日曜日

イスラエルの家は万軍の主のぶどう畑

今週の掃除当番 第4ブロック 10月14(土)10時~ 【春日地区】【幕山地区】

【本日の行事など】

☆ 地区長会議 9:00ミサ後【多目的室】

【今後の行事など】

☆10月14日(土) 定例委員会 19:00~【多目的室】

☆10月22日(日) 教会大掃除

☆10月29日(日) 教会墓地ミサ 7:00~ 雨天時には教会でミサ

☆10月29日(日) 司祭ローテーション 9時ミサ 西江神父

☆10月29日(日) 堅信勉強会 9時ミサ後から小・中学生のために始めたいと思います 来年10月司教公式訪問と合わせて堅信式を予定しています 対象者は来年度小学5年生以上の未受堅者 申込書に記入の上提出お願いします 各人の都合で予定通り受講できない場合もあると思います 打ち合わせの上日程など決められますので相談ください 聖書にある通り弟子たちに聖霊が降り不思議なことが起こりました 堅信式は単に知識を詰め込んで式にあずかる儀式ではありません 聖霊の賜物をいただき聖霊に満たされて生きていくことが実感できるようになること キリストの証人になることが大切です 式はその第一歩なのです 日々聖霊来てくださいと祈りながら準備しましょう

☆11月3日(金・祝)第7回 万葉杯ソフトボール大会 選手参加及び手伝いは募集申込書へ記入願います

☆11月4日(土)・5日(日)備後協働体研修会(備後3教会合同研修会)福山教会にて 川村信三神父による講話 詳細は後日お知らせします

☆11月5日(日) 教会七五三の祝い 9時ミサ中 お祝い希望者は申込書に記入願います

10月8日(日) 広島地区宣教司牧評議会

10月9日(月・祝) 第49回 殉教地 鶴島巡礼

10月20日(日) 広島司教区召命合同祈りの集い (宇部教会にて)

参加希望者は掲示ビラをご覧の上 申込書に記入願います

10月25日(水)ファティマの聖母の取り次ぎを願いながら平和のために祈るミサ 18:00~ 幟町にて 参加希望者はアルナルド神父へ連絡願います(車で行きます)

フィリピンへの衣類募集のお願い

今年もフィリピンへ衣類を贈りたいと思います。今回は大人・こども用の夏の衣類のみ とします。自分がもらって着れるものをお願いします。  (フレデリック神父)

10月はロザリオの月 (10月7日はロザリオの聖母の祝日)

カトリック教会の伝統では10月はロザリオの月と言われています。お祈りしましょう

メキシコ地震被害緊急救援募金 お願い

9月8日にメキシコで地震が発生し非常に大きな被害が出ています 現地ではカリタスメキシコが緊急救援活動を開始しており これに協力する形でカリタスジャパンは緊急募金を募ることとしました 被災者救援のためによろしくお願いします         (カリタスジャパン)

中川博道神父による講話黙想会 10月14日(土)9:30~16:00 暁の星研修センター 詳細申し込みは案内ビラをご覧ください  (マリー・テレーズ会、信徒養成研修会共催)

聖園幼稚園行事  10月28日(土)バザー 10:00~13:00

週報「萌」2017年度 第27号

年間第26主日 2017年10月1日第1日曜日

正しくないのは、お前たちの道ではないのか

今週の掃除当番 第3ブロック 10月7(土)10時~【深津地区】 【本日の行事など】

【本日の行事など】

☆ 日曜学校 9:00ミサ後【聖堂・多目的室・和室大】

【今後の行事など】

☆10月7日(土)備後3教会合同幹事会 19:30~尾道教会にて

☆10月8日(日)地区長会議 9:00ミサ後【多目的室】

☆10月14日(土)定例委員会 19:00~【多目的室】

☆10月22日(日) 教会大掃除

☆10月29日(日) 教会墓地ミサ 7:00~ 雨天時には教会でミサ

☆11月3日(金・祝) 第7回 万葉杯ソフトボール大会

選手参加募集申込書へ記入願います 準備手伝いもお願いします

☆11月4日(土)・5日(日) 備後協働体研修会 (備後3教会合同研修会)福山教会にて 川村信三神父による講話 詳細は後日お知らせします

☆11月5日(日)教会七五三の祝い 9時ミサ中 お祝い希望者は申込書に記入願います

10月8日(日)広島地区宣教司牧評議会14:00~ 広島カトリック会館

10月9日(月・祝)第49回 殉教地 鶴島巡礼 日生港9:00集合

申込締切:10月1日(日)掲示ビラで詳細をご覧のうえ申込書に記入願います

10月20日(日)2017年度広島司教区召命合同祈りの集い(宇部教会にて)参加希望者は掲示ビラをご覧の上 申込書に記入願います

11月11日(土) 萩流配者の顕彰ミサと講演会 萩教会にて  詳細は掲示版をご覧ください

11月28日(火) 平和を祈るテゼの集い 三篠教会及び聖公会広島復活教会にて 詳細は掲示版をご覧ください

2018年カレンダー・手帳など予約受付け 申込書に記入願います 締切10月2日

フィリピンへの衣類募集のお願い

今年もフィリピンへ衣類を贈りたいと思います。今回は大人・こども用の夏の衣類のみとします。自分がもらって着れるものをお願いします。   (フレデリック神父)

10月はロザリオの月 (10月7日はロザリオの聖母の祝日)

カトリック教会の伝統では10月はロザリオの月と言われています。 お祈りしましょう

メキシコ地震被害緊急救援募金 お願い

9月8日にメキシコで地震が発生し非常に大きな被害が出ています 現地ではカリタスメキシコが緊急救援活動を開始しており これに協力する形でカリタスジャパンは緊急募金を募ることとしました 被災者救援のためによろしくお願いします         (カリタスジャパン)

中川博道神父による講話黙想会 10月14日(土)9:30~16:00 暁の星研修センター 詳細申し込みは案内ビラをご覧ください(マリー・テレーズ会、信徒養成研修会共催)

週報「萌」2017年度 第26号

年間第25主日(世界難民移住移動者の日献金)   2017年 9月24日  第4日曜日

主を尋ね求めよ、見いだしうるときに

今週の掃除当番 第2ブロック 9月30(土)10時~ 【南部地区】

【本日の行事など】

☆ 日曜学校 9:00ミサ後【聖堂・多目的室・和室大】

【今後の行事など】

☆10月 7日(土) 備後3教会合同幹事会 19:30~尾道教会にて

☆10月 8日(日) 地区長会議 9:00ミサ後【多目的室】

☆10月14日(土) 定例委員会 19:00~【多目的室】

☆10月22日(日) 教会大掃除

☆10月29日(日) 教会墓地ミサ 7:00~ 雨天時には教会でミサ

10月 8日(日) 広島地区宣教司牧評議会    14:00~ 広島カトリック会館

10月 9日(月・祝) 第49回 殉教地 鶴島巡礼 日生港9:00集合 申込締切:10月1日(日) 掲示ビラで詳細をご覧のうえ申込書に記入願います

2018年カレンダー・手帳など予約受付け 申込書に記入願います 締切10月2日

聖園幼稚園行事 10月7日(土)運動会 9:30~12:30

10月28日(土)バザー 10:00~13:00

メキシコ地震被害緊急救援募金 お願い

9月8日にメキシコで地震が発生し非常に大きな被害が出ています 現地ではカリタスメキシコが緊急救援活動を開始しており これに協力する形でカリタスジャパンは緊急募金を募ることとしました被災者救援のためによろしくお願いします

フィリピンへの衣類募集のお願い

今年もフィリピンへ衣類を贈りたいと思います。今回は大人・こども用の夏の衣類のみ とします。自分がもらって着れるものをお願いします。   (フレデリック神父)

10月はロザリオの月

10月7日はロザリオの祝日で、カトリック教会の伝統では10月はロザリオの月と言われています。ロザリオの祈りは簡単な祈りであり、昔から学歴の無い人たちや子どもを含めた誰でもできる祈り方です。ルルドやファチマの出現の時マリア様ご自身もこの祈りをすすめました。福山教会の今年度のテーマは“祈り とりなす教会”ですが ロザリオの祈りをする際には何か特別に“意向”をもって祈られたらよいのではないでしょうか

中川博道神父による講話黙想会 10月14日(土)9:30~16:00 暁の星研修センター 詳細申し込みは案内ビラをご覧ください  (マリー・テレーズ会、信徒養成研修会共催)

世界難民移住移動者の日 献金について

本日は、おもに滞日、在日外国人、海外からの移住労働者、定住・条約難民、外国人船員や国際交通機関の乗組員とその家族のために祈り・司牧的協力・献金がささげられ、それらは日本カトリック難民移住移動者委員会を通じて、幅広く役立てられています。広島教区では “JーCaRM広島” を中心にして支援活動を行っています。

「南相馬は今」 2017.7.18    I,N,

福山教会の皆様に、私の見た「南相馬の今―小高」をご報告したいと思います。

2011年3月11日以来6年余りが経ちました。昨年の7月南相馬市小高区は避難指定解除され住むことが可能となりました。帰っても良いと言われてもそう簡単に帰るわけにはいきません。

特に日常生活に欠かせない買い物、学校、病院等の大きな問題があります。若い人たちは仕事をどうするのか、子どもへの放射線被害が心配など特に若い家族が帰ることが少ないのが現状です。

震災以前はこの町に約13000人の人が暮らしていました。昨年の年末ごろは約1000人~1200人くらいの人々が再び小高で暮らし始めました。ところが「おだかぷらっとほーむ」の廣畑さん達をはじめ多くの人々が協力してこの歴史と伝統ある町をもう一度創り出そうと努力され、今年の4月には1700人の人たちがもう一度小高に住むことを選び、それが最近の数字は何と2400人にもなりました。廣畑さんは「過疎化とか少子化とか言われる中で、ここ小高ほど人口増加している所はないんじゃあない。これってすごくない。」と言っておられます。勿論帰りたくとも帰れない人達がおられ、帰らないという選択をされた方々も多くおられることを私たちは忘れてはなりません。

今年4月から避難指定解除となった、より原発に近い浪江町についてはそれこそ「今から」です。やっと住むことができるようになったとは言え、町には人影が殆ど見えません。

教会にも置いてある「おだかだより」も是非お読みください。

エスナック・フェス協力者よりお礼と思い F,M,

この度のエスナックフェスティバル 会場準備手伝いや活動報告に耳を傾けてくださり、

また物品販売、献金においても多大なご協力をくださりありがとうございました。

エスナックの活動は貧しい中でも最も貧しい生活を強いられている人々のために活動をしている現地の女子修道会やそのような場で働く神父になるために学んでいる神学生のために、お互い協力しながら教育里親活動しています。インドは近年経済発展著しいと報道されますが、実態はひどく貧困者が多いことに変わりはありません。バングラデシュ、エチオピア、ケニアも貧しいことに変わりはありません。3日に1食しか食べられない子どもたちが、援助をすれば毎日1食食べられるそうです。 経済的には貧しいけれどお母さんたちは孤児がいたら自分の子として育てるから子だくさんなのですとも聞きました。このお母さん方はまさによきサマリア人を実践しているようです。心までも貧しくはないから子どもたちの目が輝いているのでしょうか 野たれ死にしていたかもしれないこの子どもたちは経済的援助によって高等教育を受ける道が開かれ、国の発展のため、人々のために働く機会を得ています。

私たちは神様からいただいた賜物をこの世で生かすようにと創造されています。人間らしくない生活のまま死んでいく人々はどれほど死後に希望を見いだせるでしょうか。イエス様も嘆き悲しまれます。同伴者イエス様と同じように、私たちが同伴者となることが、これらの人々が永遠の救いに向かって歩むために大いに役立ちます。わずかな援助でも大いに役立っているのです。

また一方で、ありがたいことは彼らがいつも祈ってくれていることです。今回私のことで神父、シスター、エスナックの方々はすぐに輪になって祈ってくれていました。彼等とは見える世界と見えない世界とでつながっているのだなと思いました。福山教会出身者によって立ち上げられ37年を経過したこの教育里親グループが福山の地に根付くことを願っています。

週報「萌」2017年度 第25号

年間第24主日 2017年9月17日 第3日曜日

生きるにしても、死ぬにしても、わたしたちは主のものである

今週の掃除当番 第1ブロック9月23(土)10時~【御船・御門地区】

【今後の行事など】

☆10月7日(土)備後3教会合同幹事会 19:30~尾道教会にて

☆10月8日(日)地区長会議 9:00ミサ後【多目的室】

☆10月14日(土)定例委員会 19:00~【多目的室】

☆10月22日(日)教会大掃除

☆10月29日(日)教会墓地ミサ 7:00~ 雨天時には教会でミサ

9月16日(土)・17日(日)第14回予備神学校

9月18日(月・敬老の日) 広島教区の日(山口)

10月 8日(日) 広島地区宣教司牧評議会

10月9日(祝・月) 第49回 殉教地 鶴島巡礼

詳細は掲示ビラをご覧ください 申込締切:10月1日(日)申込は事務:藤井まで

2018年カレンダー・手帳など予約受付け  申込書に記入願います  締切10月2日

10月はロザリオの月

10月7日はロザリオの祝日で、カトリック教会の伝統では10月はロザリオの月と言われています。ロザリオの祈りは簡単な祈りであり、昔から学歴の無い人たちや子どもを含めた誰でもできる祈り方です。ルルドやファチマの出現の時マリア様ご自身もこの祈りをすすめました。ロザリオの祈りは個人でいつでも祈ることができますが仲間と一緒に唱えることも大切です。家庭で家族の人とともに、5環全部が長すぎれば毎日1連でも一緒に唱えたらよいと思います。また教会ではミサの前(日曜日の朝8:30~と金曜日9:30~)に唱えることができます。そして、できる地区では10月中適切な時間を考えて1度ぐらい地区の信徒と滞日外国人とが一緒に集まって、ロザリオの祈りを通して交流ができればよいことだと思います。なお、ロザリオの祈りのしおりができましたので教会で祈るときご利用ください。必要であれば持ち帰って祈ってください (アルナルド神父)

中川博道神父による講話黙想会 10月14日(土)9:30~16:00 暁の星研修センター 詳細申し込みは案内ビラをご覧ください  (マリー・テレーズ会、信徒養成研修会共催)

アンケートについて

今まで集まったアンケートの中で以前あった日曜日夕方のミサの復帰を望みますかとの質問に10人ぐらいの方が期待しています その人たちの望みに応えるため また他の時間のミサに参加できない人のため9月3日~毎週日曜日18時ミサを始めます(ただし9月17日は無し)

広島教区練成会(倉敷)に参加して  小5 K、S、

私は初めて錬成会に参加して、色々な教会の人と話たり沢山の友達ができました。最初の日の夜は寝ずにみんなで話をしたり、二日目は水島まで電車で行っていっぱい歩いて教会に着きました。プールに行って神学生と鬼ごっこしたり、花火をしたりしました。勉強は、班で「なかま」というポスターを作りました。私はおりがみを頑張りました。とっても楽しかったので来年もまた参加したいと思います。

N,Y,

私は、今年の練成会で心に残ったことがたくさんありました。神学生がやってくれたテゼの祈りについて分かち合い、みんなで頑張って発表準備をしたり、新しい友達と遊んだりしたことや神父様の話を聞いたりとかプール、バーベキューなどたくさん心に残りました。特に私が心に残ったのは、分かち合いで、みんなでいろいろなものをつくり発表につなげていったりするのも、楽しかったし、とちゅう、画用紙のイメージとずれて大変だったりもしたけれど、最後ちゃんと終われたので良かったです。今までの練成会もとってもたのしくて最後「ああ終わりか―」みたいに感じるけど、なんか今年の練成会は「また来年も練成会に行きたい!!」という気持ちになりました。プールやバーベキューもみんなでワイワイしたりしてとっても楽しかったし、特に花火は最高でした。今年は花火をあまりしてなかったので、みんなでやった花火はとてもきれいだったし、たのしかったです。あと夜も楽しかったです。みんなでトランプしたり話したり、ちょっと怒られたりもしたけれど、とってもたのしかったです。学んだことやロイ神父の説教もとっても良い話だったし、今年はいろいろなこと知ったりできました。今年のテーマは~わたしはあなたの名を呼ぶ~(イザヤ40.1) というテーマでやっていったけど、名前は一人ひとりついていて、必ず呼んだりするし、テゼの祈りやワークショップの時にやったことはとっても何か不思議な新しい気持ちになりました。今年の練成会も楽しかったし、絶対来年も行きたい!と思います。

O,A,

私は、この練成会で新しい友達が出来ました。そして、いろいろなことを学びました。私は、今回が初めてだったのでとってもきんちょうしていました。けれど、みんなとっても優しくて困っているときは、助けてくれたので安心していい日をおくれました。ワークシップでは、テゼの祈りをきいて、神様は私たちの名前を呼んでくださるってことを学びました。これをきっかけに班の分かち合いで「名」という文字を使いました。みんなが協力しあって役割分担をしてとってもきれいにしあがったのでとってもよかったです。私は、自分の名前を書くことと小さくちぎった紙をはることをがんばりました。自分の名前を小さく書くことはとっても大変でした。けれど、いろいろなペンの色で自分の名前を書くのは楽しかったです。レクリエーションの名前リレーでは、みんなの名前をおぼえられるかとっても心配でした。名前リレーは、少し難しかったけれどヒントをくれたりしてくれたのですぐに覚えることができました。木曜日のプールがとっても楽しかったです。学校のプールの授業の練習にもなったのでよかったです。バーベキューのあとの花火は、とってもきれいでした。初めて手持ち花火をしたのでいいけいけんになったしとっても楽しかったです。手持ち花火は、小さかったけれど打ち上げ花火と同じくらいきれいでした。また来年もこれたらもきたいです。

待ってました!!! 侍者合宿            Y,A,

1年ぶりの合宿。

今年の舞台はここ福山市。暁の星の研修センターと、ここ福山教会で開催されました。この合宿で学んだことは人を見た目で判断してはいけないことがわかりました。もう一つは身勝手に行動してはいけないということです。

1つ目の経験は最初の出来事でした。なぜかというと、入口付近に見慣れない子がいて肌の色もすこし違い、違和感を感じたからです。そしてこの子たちの事を何も知らずに避けてしまっていたのです。でも、実際に話してみると印象とは全く違い、明るかったです。はじめに、何も知らず避けてしまっていた自分が恥ずかしかったです。

2つ目は、身勝手に行動してはいけないと言うことについてです。

基本的にこれは団体行動ですが、私と他の数人は自由行動と間違えてしまって部屋に戻ってしまったのでした。その後大人が心配して探しに来ました。

このように、人に迷惑を掛けてしまう事があるから身勝手に行動してはいけないということがわかりました。また、学習の面では香炉の使い方を学びました。分かったことは香炉には振り方のコツがあるということです。そのコツはチャリンと音がなったら上手くいくということです。今回の合宿で、日常生活に必要な事と侍者をやるときに役立つ知識を得ることができました。この事を生かしていこうと思いました。

大山松江ファミリーキャンプ            O,K,

7月半ば、我が家6人は、2泊3日の大山松江ファミリーキャンプに参加しました。三原教会、尾道教会、竹原教会の方々、松江市の松徳学院の先生方や中高生と寝食を共にし、家族でこのようなプログラムに参加したことは、この夏の忘れられない思い出になりました。

大山には、幼稚園年少の末っ子は5合目まで、小学1年の子と中学1年の子は頂上まで登ることができ、家族だけでは登れるとは思えなかった、みんなで登ったから登れた!という驚きでいっぱいでした。

初めて出会った松永の中学1年の女の子は、ずっと年少の子の手をひいてくれ、身の上話や部活動のこと、将来の夢について話してくれました。

2日目の夕食、3日目の朝、昼食はアルナルド神父さまが準備してくださっていたものを皆で支度し、片付けました。2泊目の宿は予定通りにいかなかったそうで、神父さまや三原教会のかたが布団をあちこちから運んで準備してくださいました。

参加してはじめのうちは、皆で協力して運営するという意識がなく、お世話になるばかりでしたが、一緒に食事の支度や片付けをするうちに、話しやすく心が通じるようになりました。

毎日全員でミサに与ったこと、皆でがんばって山登りしたこと、何時間も海で遊び、海辺でカセットコンロを使ってトマトソースを温め、パンに挟んで食べたこと、何もかもが鮮烈によみがえってきます。

中心となって気を配り、お世話してくださった方々と、山登りして海で遊び、食事の支度もしてミサもたて、車も運転し、とにかくパワフルなアルナルド神父さまは、皆にたくさんの愛を注いでくださいました。それはほんとうに、世間一般の考えではできない、利害を伴わない、信仰と愛、若者への希望のなせる業でした。私たち家族も、それぞれの場で、地域で、信仰を実践しようと思います。

週報「萌」2017年度 第24号

年間第23主日    2017年 9月10日  第2日曜日

二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいる

今週の掃除当番 第8ブロック 9月16(土)10時~ 【神辺地区】【新市地区】【府中地区】【修道院】

【今日の行事など】

エスナック・フェスティバル福山 9時ミサ後~15時(エスナック教育里親グループ)バングラデシュ、エチオピア、インドから神父、シスターを迎えて 各国での活動と現状の紹介と現地物品販売

【今後の行事など】

☆9月16日(土)  アンナ会 10:00~

「世界平和記念聖堂工事」献金のための作品つくりと主日ミサ(14時~) 弁当持参でお集まりください

☆10月7日(土) 備後3教会合同幹事会 19:30~尾道教会にて

☆10月8日(日) 地区長会 9:00ミサ後【多目的室】

☆10月14日(土) 定例委員会 19:00~【多目的室】

☆10月22日(日) 教会大掃除

☆10月29日(日) 教会墓地ミサ 7:00~ 雨天時には教会でミサ

9月16日(土)・17日(日)第14回予備神学校

9月18日(月・敬老の日) 広島教区の日(山口)

10月8日(日) 広島地区宣教司牧評議会

10月9日(祝・月) 第49回 殉教地 鶴島巡礼

フィリピンへの衣類募集のお願い

今年もフィリピンへ衣類を贈りたいと思います。今回は大人・こども用の夏の衣類のみ とします。自分がもらって着れるものをお願いします。   (フレデリック神父)

アンケートについて

今まで集まったアンケートの中で以前あった日曜日夕方のミサの復帰を望みますかとの質問に10人ぐらいの方が期待しています その人たちの望みに応えるため また他の時間のミサに参加できない人のため9月3日~毎週日曜日18時ミサを始めます(ただし9月17日は無し)

10月はロザリオの月

10月7日はロザリオの祝日で、カトリック教会の伝統では10月はロザリオの月と言われています。ロザリオの祈りは簡単な祈りであり、昔から学歴の無い人たちや子どもを含めた誰でもできる祈り方です。ルルドやファチマの出現の時マリア様ご自身もこの祈りをすすめました。ロザリオの祈りは個人でいつでも祈ることができますが仲間と一緒に唱えることも大切です。家庭で家族の人とともに、5環全部が長すぎれば毎日1連でも一緒に唱えたらよいと思います。また教会ではミサの前(日曜日の朝8:30~と金曜日9:30~)に唱えることができます。そして、できる地区では10月中適切な時間を考えて1度ぐらい地区の信徒と滞日外国人とが一緒に集まって、ロザリオの祈りを通して交流ができればよいことだと思います。なお、ロザリオの祈りのしおりができましたので教会で祈るときご利用ください。必要であれば持ち帰って祈ってください (アルナルド神父)

中川博道神父による講話黙想会  10月14日(土)9:30~16:00 暁の星研修センター 詳細申し込みは案内ビラをご覧ください  (マリー・テレーズ会、信徒養成研修会共催)

2018年カレンダー・手帳など予約受付け 申込書に記入願います 締切10月2日

信徒の動静 9月9日 洗礼 聖エフレム 蔵 望(ノア) (神辺地区)